強い米雇用統計、賃金は予想外のマイナスとECB5000億ユーロの投資適格資産の購入

雇用が予想を上回る増加幅となった一方、賃金は伸びなかったことを受け、9日の米短期金利先物相場が上昇した。 11月分も35.3万人に上方修正された。失業率は2008年6月来の低水準となった。CMEフェドウォッチによると、市場が織り込む9月利上げの確率が55%、雇用統計発表前の確率は59%だった。ECB、バランスシートは現在2.2兆ユーロで、これを3兆ユーロに近づけようとしている。国債購入は、資産担保証券(ABS)やカバード債の購入を既に開始しているECBが22日の定例政策委員会で検討する追加刺激策の一部。

コラム:金融緩和マネーが原油市場へ、難しい政策転換

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中